Archive for 5月, 2014


今日は、4月・5月生まれの年長児たちとの「B・F・T」!!

「大人になっても記憶に残るイベントをプレゼントしたい!」を趣旨に、

肴町にありますNanakさんで開催中の MOOMIN展にいってきました♪

原作者トーベ・ヤンソン氏 生誕100年を迎えてのこのイベントでは、

たくさんの原画、習作などを間近で鑑賞することができ、さらには「ムーミン谷」の再現ジオラマもあり、

ムーミンを知っている子も、またそうでない子も、その世界観に引き込まれている様子でした。

「好きな絵を3枚みつけたよ♪」
「ぼくは、8枚もみつけたよ☆」

「この大きな鳥みたいなのなに?」
「たぶん 恐竜だよ。」
「いや あれは妖怪だ!」

「ムーミンどこに向かって歩いてるんだろ?」
「どこだろ・・・  あっ となりの絵につながってるよ!」

「なんか さみしそう、、、、」
「そうだね。。。。。。」

などなど。

この自由な発想や感性がムーミンの世界観であり、子どもの世界観そのものなんだな~。

と、しみじみ感じました。

帰りのバスの中は、とにかく大騒ぎ。INPUTからの怒涛のOUTPUT。

園に帰ってくると、クラスの友達にまたまたOUTPUT。

こんだけ「ふりかえって」くれると、大人になった君も

今日の日のことを少しは思い出してくれそうで嬉しくなります。

さいごに、

「大人になっても記憶に残るイベントをプレゼントしたい!」&「地域交流」をねらいとしたB・F・T、

今年度も周りの方々のお蔭で幸先の良いスタートが切れました。

Nanakのスタッフの皆さま、ご来場のお客さま、商店街でお声を掛けてくださった地域の皆さま、

温かく見守ってくださり誠にありがとうございました。

FC.Aobaの前に颯爽と現れたその方は、岩手県初Jリーグ加盟チームの監督、

「特急ジャー盛岡の鳴尾監督 !!」

ではなく、

「グル―ジャ盛岡の鳴尾監督!!」

 

と、メンバーの大爆笑(?)をかっさらい、掴みはOK。テンションMAX。

楽しんでサッカーをする。楽しんで学び・習う。このベースがあるから、出来ないことにもチャレンジ。

だから、少しずつ少しずつ上達する。

すると、楽しい♪楽しい♪

そして「よっしゃ!もういっちょ やってみよ!」

様々なジャンルにおける「自学自習」の本質を、イキイキとした子どもたちから垣間見ることができました。

 

鳴尾監督の爆笑サッカー教室のおかげで、子どもたちは、サッカーの楽しさや人から習うことの楽しさ、

もう一度チャレンジしてみる大切さを肌で感じ経験値を「グンっ」と上げたことでしょう。

LEVEL UP ♪

鳴尾監督、佐藤コーチ、そして毎週教えてくれる松田キャプテン、落合監督、

サッカーをとおして、素敵な教育をありがとうございました!!

さあ、さあ、次節ホームの「グル―ジャ盛岡」の対戦相手は「福島ユナイテッドFC」。

みなさん、ぜひぜひ盛岡南公園球技場に足を運び、みんなでワイワイ応援しましょう!!!